前へ
次へ

あごにニキビができないようにケアしています

生理の前はあごにニキビができやすいので、日ごろからニキビができないようにできる範囲で対策しています。
あごにできるニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れだと聞いたことがあります。
ホルモンのバランスを整えておけば生理前のニキビも防げると思い、規則正しい生活を心がける他、大豆製品を食べて大豆イソフラボンを摂るようになりました。
また、あごは他の部分よりもターンオーバーが遅いため、ニキビができやすいそうです。
ターンオーバーを促すためにも、生理の前は拭き取りローションであごの部分の角質ケアをしています。
さらに、ビタミンC誘導体が配合された美容液を使うこともあります。
スキンケアと食生活を見直し、さらに生活習慣も見直したところ、最近では生理前のニキビで悩むことが少なくなりました。
あごにニキビができると治りにくい上、他の部分よりもニキビ跡が残りやすいようです。
これからもしっかりケアを続けて、ニキビが気にならないきれいなお肌を目指したいです。

Page Top